忍野村立忍野小学校
サイトマップ メール トップページへ
文字サイズ変更 標準文字サイズ 大きい文字サイズ 最大文字サイズ
検索
サイトの現在位置
トップ生徒会活動若草祭 1日目
総合メニュー
若草祭 1日目
 
2021年9月17日 更新
印刷用ページを開く
若草祭 1日目
今年度は,昨年以上にコロナウイルス感染症が深刻な状態となり,9月12日まで山梨県内でもまん延防止等重点措置が適用されました。村の対応として無観客での開催となり,楽しみにされていた保護者の皆様方には大変残念な若草祭となってしまいました。ただ,村の方でも動画の配信や写真の販売を計画していますので,具体的に詳しいことが分かり次第,連絡致します。
校長先生からは,今年度コロナウイルス感染症拡大により,まん延防止措置が適用され保護者の参観ができなかったことは残念でですが,生徒皆の努力で若草祭が開催できたことは素晴らしいという内容のお話がありました。
ふれあいホールの換気を十分に行いながら,ステージに立つ仲間の言葉に耳を傾ける生徒たちと黄色ブロック職員。
長い間引き継がれてきた若草祭の伝統。くす玉も昨年の生徒会副会長の指導を受けながら準備され,しっかりと花開きました。
1年1組の学級旗
1年2組の学級旗
1年3組の学級旗
2年1組の学級旗
2年2組の学級旗
2年3組の学級旗
3年1組の学級旗
3年2組の学級旗
3年3組の学級旗
黄ブロック長の意気込み。最後の若草祭,唯一女性のブロック長。しかし,その言葉には力強さを感じます。
青ブロック長の意気込み。舞台上では,内に秘めたる闘志が伝わってきました。
赤ブロック徴の意気込み。赤色のイメージ通り,その言葉には力強いものがあり,赤ブロック全員の団結を感じました。
装飾実行委員長からステージの看板についての紹介がありました。時間をかけ,各学年カラーと各ブロックのカラーがうまく表現されていて,ステージ上を華やかにしました。
毎年,楽しみな科学部の実験教室。炭酸水にメントスを投入することで,本当は噴水のような現象が見られるところでした。結果は失敗してしまいました。なぜ失敗したかを考えることが重要ですね。
象の歯磨き。薄めた過酸化水素水に洗剤を混ぜておき,触媒となるヨウ化カリウムを加えると大量の酸素が発生し,加えた洗剤とともに泡が発生する。これは,大成功でした。
恒例の100mペットボトルロケット。夏休み中から準備し,予備実験では100m以上飛ばすことができ,いざ本番。予備実験と同じようには行きませんでした。原因を突き止め来年こそは100m超をめざそう。
吹奏楽の演奏。軽快な司会で会場を盛り上げる。
会場の手拍子を誘い,ノリノリで演奏しました。
会場と一体になりました。
コンクールが終わってからの猛練習でした。3年生の活動の締めくくりです。
途中,司会役の生徒が会場を盛り上げるようにダンスの披露です。会場からも暖かい拍手が贈られていました。
選手宣誓。今年度は各ブロック長が距離をとり,枠に収めることはできませんでしたが力強い宣誓と開催を告げる花火で体育部門スタートです。
まずは,全校応援です。昨年と違い,一般生徒は声を出すことができない状況となりました。応援団長から団員に向けて応援団が声を出すことで全校表現を成功させようと檄が飛びました。
一般の生徒が声を出せない分,応援団が壇上でキレの良い動きで鼓舞します。
団長と副団長の息もピッタリ。全校260名の先頭に立って皆を引っ張ります。
周りの生徒たちも,応援団に引っ張られるように一糸乱れぬ動きで全校応援を盛り上げます。
1年生にとっては初めての若草祭。今まで練習してきた以上に力を発揮できたようです。
長縄は昨年と同じように,跳んでいる最中に密にならないよう,1回跳ぶごとに縄の中を抜けていきます。
マスクは着用しなくても良いように工夫されていますが,心配な生徒は着用しています。
3年生は最後の若草祭なので,とにかく意地とプライドがぶつかり合うように競い合っています。
縄の回し方もなれてきて,よどみなく,それでいて素早く縄を回すことができています。
2年生も負けじと順調に回数を重ねていきます。
ブロック競技の「台風の目」。どのブロックも3年生が中心となって,1,2年生に指示を出していきます。
1年生の様子を心配そうに見つめる先生の熱い視線をよそに,駆け抜けていきます。
この棒跳びがスムーズかどうかで勝敗が決まっていきます。緊張の一瞬で,つかえることはできません。
かなり高く跳び上がり,棒を持っている生徒の負担を減らし,順調に進めようとしています。
青ブロックと赤ブロックが接戦で担当の先生方も熱の入った応援が続きます。
最終的には,赤ブロックが勝ちました。
ブロック対抗のSPリレーです。それぞれのブロックで工夫して,誰を,どの学年をスターターやアンカーにするのか見物でした。
バトンの受け渡しもスムーズです。
いよいよアンカーが近づき,差が出てきました。

黄ブロックの勝利でSPリレーは終了しました。
昨年の綱引きに代わり,今年度導入された障害物リレーです。ラグビーボールを蹴ってハードルの下を通します。
二本の棒でボールを挟むことで,力の加減とバランス感覚を要求される種目もあります。
これが最難関種目,輪投げです。輪投げのちょっとしたコツをつかめば良いのですが,ここで順位が入れ替わります。
1年生の全員リレー。1年3組が順調に進みます。
1年1組の上手なバトンの受け渡しで,奮闘が光ります。
最終的には,1年2組が1位となりました。
2年生の全員リレー。どのクラスも一斉にスタートしなかなか差がつきません。
途中,2組と3組が接戦となり,緊張感が漂います。
順位に関係なく,笑顔でアンカーが走ります。勝敗も大切ですが,楽しむことができたようです。
3年生の全員リレーです。低い姿勢から一斉にスタートし,どのクラスが有終の美を飾るのか,応援にも熱が入ります。
スタートの直後は,ほとんど差がありません。
2組と3組の勝負となり,最終アンカーにバトンが渡りました。
報道実行委員によるアナウンス。
様子を見ながら,会場を盛り上げ実況しています。

順位や走者など的確にアナウンスして,競技の様子が手に取るようにわかります。
本文終わり
ページのトップへ
忍野中学校
〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草1666-36
Tel: 0555-84-2023  Fax: 0555-84-4532  E-Mail: こちらから