忍野村立忍野小学校
サイトマップ メール トップページへ
文字サイズ変更 標準文字サイズ 大きい文字サイズ 最大文字サイズ
検索
サイトの現在位置
トップ生徒会活動若草祭 2日目
総合メニュー
若草祭 2日目
 
2021年9月21日 更新
印刷用ページを開く
若草祭 2日目
若草祭の2日目はふれあいホールにて,忍野八海和歌の朗詠,各学年の発表がありました。各学年の発表では,それぞれの学年の持ち味を上手く表現した発表となり,充実した2日間を過ごすことができました。
一番霊場 出口池
八海和歌朗詠の様子。8月8日の「八海祭り」に合わせて,本校の生徒が歌を詠みます。
二番霊場 お釜池(おかまいけ)
上級生から下級生に向けて語り継がれ,脈々と伝統として受け継がれていくべきものであるのですが,
三番霊場 底抜池(そこなしいけ)
ここ数年のコロナ禍の中でなかなかそのことができていません。今の1年生に,
四番霊場 銚子池(ちょうしいけ)
この若草祭での発表を通して思いが伝わり,来年こそは「八海祭り」で披露できることを切に願います。
五番霊場 湧池(わくいけ)
六番霊場 濁池(にごりいけ)
七番霊場 鏡池(かがみいけ)
八番霊場 菖蒲池(しょうぶいけ)
1年生の入学してから今までの
心と身体の成長の様子をわかりやすく(喜劇風に)アレンジして
紹介した発表でした。
その中でも,今までとこれからの決意を表した言葉(熟語)
が印象に残りました。
まだまだ,伸びしろのある
1年生の様子を
見守っていきたいと思います。
個性的な仲間たちがそろっているという2年生。
そのことをどう表現し,
発表していくのか
悩んだと言います。
それぞれのクラスが工夫して,
今や授業にも取り入れられている
ダンスで見事に表現しました。
「明日へ」というテーマで,
先の見えない今を強く生きていく意志を感じました。
3年生は,今年度もコロナ禍の中で被爆地「ヒロシマ」まで
行くことができません。
戦後76年経過した今,
戦争の悲惨さを後世に語り継ぐ方は年々少なくなり,
忍野中学校での平和学習はとても意義のある学習となっています。
当時の方に寄り添いながら,
平和について考えるとともに,
自分たちの身の回りにある平和についても
考えさせられる発表でした。
1年1組
1年2組
1年3組
2年1組
2年2組
2年3組
3年1組
3年2組
3年3組
本文終わり
ページのトップへ
忍野中学校
〒401-0511 山梨県南都留郡忍野村忍草1666-36
Tel: 0555-84-2023  Fax: 0555-84-4532  E-Mail: こちらから